料理上手は節約上手と紙一重だと思う

私の父方の祖母の話ですが、彼女はとても節約が上手です。
節約上手という人は、もれなく料理上手でもあるのでしょうか。
人が生きていく上で、食べることは必要です。
かといって安いもやしばかりを毎日食べるわけにもいかず、栄養バランスも考えないと健康を損ねます。

健康を損ねると医者にかかったり、薬を購入しなければならず、結局お金がかかります。
だから、料理が上手い人っていうのは節約に向いているのだと思います。
私の祖母は、結婚するまで料理などしたことがなかったそうですが、慣れというのはすごいですね。
料理をずっとし続けるうちに腕がたつようになって、今でも我が家にはなくてはならない重要なコックです。
若いころは決して裕福ではなかったようで、上手く家計をきりもりしていたとか。

その経験が今も役立っているのか、料理は安い材料でおいしく仕上げてくれます。
節約の方法は、毎日買い物に行くことだそうです。
私は働く方で料理をしないので詳しくはないのですが、買い貯めをしない方が、余計なものを買って腐らせることがないそうです。

でも、私なら雨の日にまで行きたくないのでできそうにありません。
また、あるものできちんと考えて料理ができるその経験値も尊敬します。
本やネットを見れば色んなレシピが載っているのでしょうけれど、
今自分の家の冷蔵庫にあるものだけを使って作るレシピを見るけることは困難です。

だから料理上手は節約上手なのでしょうね。これを真似したいと思っても、それには長年練習する必要がありそうです。
人間が生きていく上で重要な、「衣食住」に強い人というのはお金の使い方もわかっているようですね。

ただ、現代社会では服は作らなくても安く仕入れられるし、家は自分で一から建てるという人はあまりいないので、
結局は料理が主になってくると思います。となると、節約で見習うべきは専業主婦/夫ですね。
私はやればできると思っていますが、料理教室にでも通うべきでしょうか・・・。それこそお金がかかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です