私が夢の留学のために節約し続けた経験

私のお金の使い方は「爆発型」です。貯めて貯めて貯めて・・・ドカーン!と派手にやらかします。
そのペースはおよそオリンピックと同じ4年に1回。何に使うかというと、大好きなイギリスに行くためですね。
留学が主です。学生のころからそうして目標を立ててやってきたので、無駄遣いをすることはありませんでした。

人間ですから時にはやらかしてしまうこともありますが。
別に家が貧乏だったとか、親がお金を出してくれなかったとかではないのですが、やはり自分の夢は自分で叶えたいと思い、
自分のお金だったので思う存分に使えました。これが爆発型へと繋がったのですね。
よく、留学したというと「うちはお金がないからなぁ」と言う人がいますが、それは我慢なりません。
まるで私の家が裕福で、親が寛容なようではないですか。

そうではなく、コツコツ節約をして、特に学生時代はバイトを週に3回、1回につき4時間を2年間続けて全部を貯めたのです。
正社員からしてみたら時給800円なんてしょぼくて貯まらないかもしれませんが、それでも自分では頑張ったのです。
だからこそそのようなことは言われたくないのです。
でも、十中八九そう言われるということは、それだけ皆さん留学にはお金がかかると思っているか、
そんなに貯めるのは無理だと思っているからでしょう。節約ができないと諦めているということです。
それは間違いです。私ができたのですから。具体的にどう節約したという話はありませんが、言うならとにかくお金を使いませんでしたね。

友達と遊ぶには遊びますが、話を合わせてスマホ使用料がかかりそうなアプリをしようと思ったり、衝動買いはしませんでした。
出かけること自体少なかったのかな?節約は、自分がはっきりと決めたことならできます。
私の経験談から言わせてもらえば、それができないのならそれだけの気持ちだっただけのことで、
気持ちがそれに向かって強ければ節約はストレスなくし続けられるのです。

私のお金の節約方法 〜消費と投資で節約しよう!〜

私がオススメする節約方法は「行動に移す前に消費か投資で判断して行動する。」です。
消費と投資の違いですが、消費はお金を出した後には何も生まれません。

それに対して投資はお金を払った後に何かしらの価値が生まれます。
例えば会社で働いてるサラリーマンがいるとします。
給料日に給料が振り込まれ、「給料が振り込まれた!今から飲みに行こう!3000円かかるけど満足するからいいや!」
これはもちろん消費のカテゴリーになります。

逆に「前から気になって〇〇さんが出版した本を買って、〇〇さんが試していた成功法則を勉強して実生活に生かそう!
前にこの人の成功法則を真似したら運が良くなったし人間関係もうまくいくようになったし!」これは投資になります。

こういう風にこれからの自分にとって意義があるかを見極める事が節約にも繋がると考えています。

ちなみに私は大学時代にある投資活動を行いました。
れはダイエットです。私は大学時代に体重が63㎏ありました。
周りから見たら「普通じゃん。」「そんなに太ってないよ!」と言われてましたがお腹を見たらお腹には脂肪がたくさんついており
決して見た目がいいと言えるような状態ではありませんでした。
それが嫌でたまらなくてダイエットを決意しました。
ダイエットで大事なのはまずは運動で、その次が食事だと思っています。

運動に投資をするために近くのスポーツジムに週3回通うことにしました。

スポーツジムに通うにはお金が必要になるため、無駄な消費を一切やめました。
飲み物は家からお茶を持参。外で食事をする際もカロリーが低く値段の安い食べ物にシフトし間食を一切止めて
間食しそうになった時は「それは消費だよね?投資しようよ。」と歯止めをかけ、浮いた金はスポーツジムに回しました。

その結果、1ヶ月で7㎏体重が減り、56㎏になりました。
おかげで周りからも「痩せたね!」と言われるようになり、そのお陰で自信が持てるようになりました。
正直、投資活動がこんなに良い結果をもたらすなんて思ってもいなかったですし幸せになるためには投資活動が功を奏すのだなと改めた実感しました。
未来を変えたい人は是非とも投資活動をオススメします。

料理上手は節約上手と紙一重だと思う

私の父方の祖母の話ですが、彼女はとても節約が上手です。
節約上手という人は、もれなく料理上手でもあるのでしょうか。
人が生きていく上で、食べることは必要です。
かといって安いもやしばかりを毎日食べるわけにもいかず、栄養バランスも考えないと健康を損ねます。

健康を損ねると医者にかかったり、薬を購入しなければならず、結局お金がかかります。
だから、料理が上手い人っていうのは節約に向いているのだと思います。
私の祖母は、結婚するまで料理などしたことがなかったそうですが、慣れというのはすごいですね。
料理をずっとし続けるうちに腕がたつようになって、今でも我が家にはなくてはならない重要なコックです。
若いころは決して裕福ではなかったようで、上手く家計をきりもりしていたとか。

その経験が今も役立っているのか、料理は安い材料でおいしく仕上げてくれます。
節約の方法は、毎日買い物に行くことだそうです。
私は働く方で料理をしないので詳しくはないのですが、買い貯めをしない方が、余計なものを買って腐らせることがないそうです。

でも、私なら雨の日にまで行きたくないのでできそうにありません。
また、あるものできちんと考えて料理ができるその経験値も尊敬します。
本やネットを見れば色んなレシピが載っているのでしょうけれど、
今自分の家の冷蔵庫にあるものだけを使って作るレシピを見るけることは困難です。

だから料理上手は節約上手なのでしょうね。これを真似したいと思っても、それには長年練習する必要がありそうです。
人間が生きていく上で重要な、「衣食住」に強い人というのはお金の使い方もわかっているようですね。

ただ、現代社会では服は作らなくても安く仕入れられるし、家は自分で一から建てるという人はあまりいないので、
結局は料理が主になってくると思います。となると、節約で見習うべきは専業主婦/夫ですね。
私はやればできると思っていますが、料理教室にでも通うべきでしょうか・・・。それこそお金がかかりますね。

お金を稼ぐのは大変です

私はお金を稼ぎたくて週に2日、コンビニでアルバイトをしているのですが、今まで働いたことのない職場でいろいろと大変なことが多くて、
お金を稼ぐのは大変だな、と思います。

時給は740円くらいで、1日4時間働くのですが、1ヶ月に9日働いて、26000円くらいになります。
その1日に4時間というのがすごく長く感じて、特に私が働いているコンビニはじっとしていると叱られるので、
いつも何かをしていないといけないのです。

私は今までリポーターの仕事をしたりしていて、かなり給料が良かったのですが、コンビニのアルバイトはその大変さに対して、
収入が少ないな、と思います。
1時間740円しか稼げないとなると、本当に大変です。

お金を増やすにはお金を使うことも必要です。お金は回ってくるものなので、お金を時々使うことも大事です。
私はロト6を定期的に買っていますが、宝くじは買わないと当たらないので、せっせと買っています。1ゲームしか買いませんが、
それでも2回、18000円くらい当たりました。臨時収入になりましたが、それを元にまた宝くじを買いました。宝くじが当たったら、
何も心配する必要は無くなるので、いつか当たるだろうと思って買っています。買わないことには、絶対に当たることがないので、
とにかく買うことだと思っています。

ロト6の当選番号をネットでチェックしていると、1等に当選している人が結構いて、
やっぱり買っていると当たる確率があるのだと思いいますし、お金を手っ取り早く手にいれるにはロト6しかないと思います。

何度かBIGも買いましたが、これはよくシステムがわからなくて、私にはあまり合いませんでした。ロト7も売っていますが、
これは1ゲームが300円なので、ちょっと割高になってしまいます。私にはロト6が一番合っているようです。

コンビニのアルバイトは辞めるつもりでいます。精神的にプレッシャーを感じるので、お金には変えられないものがあるのです。