小銭貯金のレビュー

貯金をしたいと思っていても財布にお金が入っていたら、ついついお金を使って仕舞う人も多いと思います。
そんな時に、全然担当が無く簡単にお金を楽しみながら溜める事は出来ないかと考えた場面、小銭貯金を考え実践した。
態度はめっきり簡単で、たとえばその日にコンビニエンスストアと本屋で注文をしたと行なう。その時、コンビニエンスストアと本屋で製品を互い払う時に端数のお金は払わずに、1000円以上のお札か100円以上の硬貨のみを使用して払います。こうして、家に帰ってきたら財布にある100円内の硬貨を貯金ケースに入れて行く仕方だ。
やり始めはしばしば間違えて、端数の細いお金を間違えて払ってしまいました。いよいよ、小銭をはっきり支払う事が出来ると気持ち良いものです。但し、慣れてくると他と1日で小銭が腹一杯生まれるので、一心にポケットが小銭で過密になります。→アコムの審査と在籍確認
半年もすると貯金ケースが過密になりましたが、基本的に1円、5円、10円玉が中心となるので、ほとんどは貯まらず10000円程度の額だ。
ぼくはこういう小銭貯金でヘルスケア航海に行きたいと考えていた結果、そのまま小銭貯金を継続しました。結果的には1年近所加わり小銭貯金のお金でヘルスケア旅行に行く事が出来ました。
額は大してたまりませんが、少額の小銭なので大して担当に感じずに面白く出来ます。
興味のあるやつは騙されたと思い、初めて試してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です